FC2ブログ
2018/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
学会
こんばんは、中川です。
昨日今日は一年一度の鍼灸史学会でした。
2日で32演題の発表でしたが、絞りつくして、寝ないでフラフラの人もいました。私たち夫婦も、特に芳里はやりきりました。
私は中国三国時代、3世紀末の『甲乙経』(こうおつきょう)という医学書、芳里は南宋12世紀半ばの『幼幼新書』という医学書の研究発表をしました。
すぐさま臨床に、というよりより洗練された東アジア圏伝統医学(世間でいう東洋医学)的な診断の枠組みを作るための研究という感じです。
反映されるのはしばらく後でしょうね。
鍼灸師といっても、「東洋医学でやりたい派」や、「東洋医学というと、何か解らないし胡散臭いから、現代医学でやる」という人、「本当に胡散臭いひと」なんかがいます。残念ながらどの立場も、大半の人が伝統医学の文献を読みません。これで、「東洋医学では…」などと言うのは、些か恥ずかしい気がします。

伝統医学の文献と臨床を同時にやる人がもう少し増えたら、肩こりだけでは無い、治療としての鍼灸が増えるかもしれません。
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

shinkyuunakagawa

Author:shinkyuunakagawa
京都府右京区西院の鍼灸院です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。