2015/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今日から始まり&脈診と問診について
こんにちは
今日から診療開始です。
今日一日で気づくのは、お正月休みで調子を句津している人が多いことです。
忙しく働いて、やっと休みになって気が緩んで、でも、お正月も用が有ったりして。

さて、少し話が変わります。
私たちは、治療前には必ず脈を診てから問診し、終わりはまた脈を診ています。
他の鍼灸院では脈なんか診なかった、何を診てるのか、とお聞きになる方も多いです。
たしかに、不思議かもしれませんね。

脈診は診断の中心となるのですが、
①脈動の位置=浮沈、②一呼吸あたりの脈拍数=遅数、③脈の密度=虚実、④脈の往来の滑らかさ、リズム=滑濇
を基準としています。
これら基準となる綱目を組み合わせ、治療のための診断をします。

その上で、問診をするのですが、これも主訴だけ聞くわけでは有りません。大小便や食事、睡眠なども聞きます。
むしろ、これらの情報が主訴よりも重要だったりします。
例えば、眠れている人と眠れていない人では同じ主訴でも、予後が違います。
それに、声の大小や動作の緩急も、経過を知る上で大事にしています。
治療後は声が通るようになりますし、動作も滑らかになります。また、治療を続ける内に、声や動作が日常的に良くなっていきます。

つれづれと書きましたが、鍼灸は見立てひとつで全く効果が違うものです。
最近は、鍼灸も業界全体のレベルがどんどん低下しているように感じます。
診断がおろそかになり、触って解る、痛いところだけやるもの、という風潮が強くなってきました。
痛いところだけするのは簡単ですが、何かすごく勿体ない気がします。







スポンサーサイト
 
勉強会
今日は今年初の勉強会でした。
明けてすぐの勉強会ですから、参加者も少なかったのですが、内容は変わらずに濃いものでした。
内容は脈診と病態把握(診断について)、実技です。
娘の結生も参加です。先生が、子供も自由にと配慮して下さったので、ずっと参加しています。
将来、娘はどんな仕事を選ぶかは解りません。
しかし、選んだ仕事はとことん追求する姿勢を見せていきたいと思います。
 
年が明けましたね
中川です。
年が明けました。
年を重ねるごとに、月日の経つのが早くなる気がします。
何でしょうね。
小さいころはもっと長かったような気もします。
小学から中学、高校、やっと何年生だ、というふうに1年1年、区切りが有ったからでしょうか。

とすると、大人になって年をとると、時間が早く感じるのは、
一年の明確な区切りが無いことも一因かもしれません。
自分で作るしかないのかも。

年の節目ですので、ちょっと理屈っぽく考えてみました。
答えは出てないんですけど。




 
プロフィール

shinkyuunakagawa

Author:shinkyuunakagawa
京都府右京区西院の鍼灸院です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。